産業用インクジェットプリンター/マーキング装置のアルマーク株式会社

株式会社ユニオンコーポレーションは、アルマーク株式会社へと社名変更致しました。

バーコード ーCODE39 とは

CODE39とは、バーコード規格の1つになります。もともとは、米国のインターメックテクノロジー社によって考案された規格で、1981年に米国国防総省が軍事物資管理用の企画として制定、1984年には米国自動車工業会が標準化し、つづいて米国電子工業会も標準化した規格です。日本では、1988年に日本電子機械工業会がいち早く規格化し、現在では、日本標準化機関のJISさらに、世界標準化機関のISOそれぞれで規格化されています。

英数字を9本の太いバーと細いバーで表現しており、誤認識が少ないことが特徴で、9本のうち3本が太いバーとなっていることから39という名前になっています。対応したバーコードスキャナーも普及して安価になっている上、パソコン向けやPOS端末用と様々な機種が開発されているため、看板方式の生産ラインなどで利用されています。

汎用性が高く誤認識の少ない方法ではありますが、スキャナの反射や正しい比率を再現することで認識スピードに差がでますので仕様に合ったプリンターでの印字が望まれます。

関連コンテンツ

Copyright © 2017 Almarq Inc. All Rights Reserved.

ページトップへ