採用に関するお問い合わせ


アルマーク 採用情報

営業社員インタビュー

以前はどのような仕事をしていましたか?
クレジットカードの決済端末機の取り付けや修理作業などをしていました。
店舗や企業へ訪問し、お客様にあらかじめご準備いただいていた電話回線又はLAN回線と端末機を接続して初期設定や通信チェックを行い、最後にオペレーターへ取扱説明を実施するといった業務でした。
個人のお客様が多かったため、オペレーターがご年配の方や海外の方であることも多く取扱説明に苦労する事も多かったです。
今の仕事について教えてください。
産業用インクジェットプリンターの技術員の仕事をしております。
主な内容は、インクジェットの納品設置、点検、修理、アフターフォローです。
まず、事前にお客様や営業との打ち合わせ行い、機種、インクタイプ、印字の方法などの仕様を確認していきます。お客様に100%満足していただくためには当日の設置よりもむしろこの時点での打ち合わせが一番重要だったりします。
納品当日は、お客様の生産ラインにインクジェットを設置して製品への印字テスト行います。
また、インクジェットを日々安心してお使いいただくための定期点検ではお客様の生産の合間にお時間を頂き、古くなったインクやフィルターの交換、各部品の動作チェックなどを行っています。
お客様から修理依頼の連絡をいただいた際は、電話でインクジェットの状態を正確に把握して、迅速に対応し復旧させるよう心がけています。
アフターフォローとしてお客様のところへ定期的に訪問し「最近マシンの調子はどうですか?」などと納品した機械の調子や日ごろお客様が抱えている疑問や不満などを伺うのですが、時にはお客様との会話がはずんで、仕事以外の話で長居をしてしまう事もあります(笑)。
入社してからの会社の印象をどうぞ。
以前勤めていた会社では営業員と技術担当者との間で見えない壁があり、会話もあまり無かったのですが、ユニオンではそういった隔たりはなく、仕事以外の会話も多くてすごく風通しの良い環境です。機械の作業員は寡黙な人が多いイメージがありましたが、ユニオンの技術員はお客様と接する機会が多いためか、明るい人ばかりでむしろ騒がしいくらいです(笑)。
社員教育面でも入社後1週間の研修があり、その後も定期的に製品の勉強会などがあるので社員教育に力を入れている良い会社だと思います。
仕事で大変だなと思うことはどんなことですか?
納品やメンテナンスが集中した時です。
お客様からメンテナンス依頼があった時などは生産ラインを少しでも早く復旧させる為にほかの仕事に優先して対応する事もあります。迅速に対応した結果、お客様から「ユニオンさん、今日は来てくれて助かったよ。ありがとう」と感謝の言葉をいただく事も多々あり、やりがいを感じる瞬間でもあります。
これからチャレンジしていきたいことは何ですか?
弊社で扱っているインクジェットは用途別で様々な機種があります。 個人的に、まだあまり携わっていない機種もあるので、今後すべての機種に精通した技術員を目指していきたいです。
社員インタビュー

ページの先頭へ

HOME プライバシーポリシー