産業用インクジェットプリンター/マーキング装置のアルマーク株式会社

株式会社ユニオンコーポレーションは、アルマーク株式会社へと社名変更致しました。

メッセージ変更時の不良を防止する方法とは?

ムダの削減や付加価値の追求のためにリーン生産方式は理想的な方式です。
ジャストインタイムなどの効果が実証された方法を採用する事により、必要在庫を減らし、工場のスペースを広げている企業もあるかと思います。

ジャストインタイム方式を採用するためには生産された製品はすぐに印字される必要があります。そのためプリンターはメッセージを素早く、簡単に、正確に切り替えを行えることが求められます。
現在のプリンターがジャストインタイムなどのリーン生産方式のメソッドに対応できないようであれば、全体の生産ラインは最大効率で稼働することが不可能になります。安定した印字を様々な素材に対して行えることが、リーン生産方式の最大効率を実現するために必要です。

リーン生産方式を使用して生産性を向上させる方法

印字不良が起きると、ダウンタイムと製品品質の両面で大きな影響があります。リーン生産方式によって生産品質とムダの排除を行えます。

一つの成功例として、航空業界大手のボーイングは1万個当たりの不良が1200個発生していたものを、リーン生産方式により300個未満に減らし、ワシントン工場の生産に必要なスペースを約1万8千㎡減らすことに成功しました。品質上の問題を最小化する事で、ボーイングの加工製造事業部門は品質不良に起因するコストが結果的に51%以上減少しました。
リーン生産方式により全ての工程で不良を削減することで、今回のような大きなコストカットを実現することができます。

簡易な生産品目の変更

生産品目の変更を素早く行うことはリーン生産方式では欠かすことができない要素です。複雑な段替え工程はミスが起こりやすくなり、それによりダウンタイムが増えると、不良が増えそのためにコストが増大します。Linxのプリンターはこの問題を解決するためにゼロから開発されました。

効果的なリーン生産方式を実践するために、ダウンタイムは避けるべきものになってきます。そのため、生産品目の変更は素早く、簡単に行えなければなりません。導入段階では十分な効果は確認することはできないかもしれませんが、毎日生産品目の変更を行ったり、長期休暇時に特別な処置が必要になったりするとその効果は非常に大きなものになります。簡単に使用できるということはメッセージ変更を行う際に大変重要な事です。Linxのプリンターは直感的なタッチスクリーンユーザーインターフェイスにより操作ミスによる印字不良を防止します。
Linxのプリンターはリーン生産方式を実現するために更なる助けになります。リストからのメッセージの選択、可変時間や日時の保存機能などは作業員が簡単に使用できます。USBメモリを使用してのメッセージのバックアップやリストア機能によりで生産ラインの移行が簡単に行えます。LinxプリンターはイーサネットによりPCやPLCなどと接続ができ、メッセージ変更などの設定作業を高速化できます。


コスト増につながるヒューマンエラーを減らすには?

工場でのヒューマンエラーは、設定の簡単な印字機により減少させることができます。これにより印字を検査する手間や、不良品の発生リスクを減らします。
さらにバーコードスキャナーを直接プリンターへ接続でき、それによりバーコードの読み取りにより自動でメッセージの切り替えが可能です。加えて、作業者ごとにアクセス可能なメニューを限定できるため操作ミスを減らすことができます。

まとめ

簡単に操作可能なユーザーインターフェイス、素早い設定、保存可能なメッセージなどの機能など、リーン生産方式に最適なLinxプリンターの利点により、ミスの削減、それにより非常にコストのかかる不良品の削減につながります。

関連コンテンツ

Copyright © 2018 Almarq Inc. All Rights Reserved.

ページトップへ