QPiD

QPiD

一元管理されたデータからアルマークが取り扱う全インクジェットプリンター(※3)へ印字内容を検出、デザイン、選択、送信することができるプリンター統合ソリューションです。

QPiDのここがポイント!

1.データ一元管理+上位システム連携

QPiDはお客様の上位システムとデータ連携が可能です。生産管理責任者が一括で各ラインのプリンターからの警告・異常感知や印字内容の変更を行えます。また、データの版管理機能(※5)により、改版者の履歴が常に保存されるだけでなく、オペレーターレベルで誰がいつプリンターに印字データを送信したのかという履歴も保存されます。アナログで管理するよりもあらゆる点でQPiDは優れており、印字ミスを限りなく削減できます。

2.アルマーク社プリンター及びラベルプリンターに対応

アルマークが販売するコンティニュアス方式(CIJ)、サーマル方式(TIJ)、ピエゾ方式など様々なインクジェット印字方式に対応しております。NiceLabel(ナイスラベル)社のソフトウェアを使用するので、アルマークが販売するプリンターだけでなく、お客様が所有するパートナーメーカーのプリンターも一括で管理することができます。

ハードウェア構成例

3.共通UIで全てのプリンターを管理

お客様の既存の操作画面に設計することでオペレーターのミスを低減します。また、お客様のパトライトの色に合わせてPC上の警告の色を変更し、工場独自の標準に合わせることも可能です。また、各種包装機などともIOで連携させることができます。


※レイアウト・色など変更可能

4.複数工場のプリンターに対応(社内LAN・クラウド)

これまでは国内工場間や海外工場間での印字データ一元化はセキュリティーの問題で容易に実現できませんでした。QPiDでは、国内工場間のデータは専用回線で結ばれたセキュア―なネットワーク環境内にデータサーバーを置くことにより、また海外工場間のデータはクラウドサーバー(※6)を利用することにより世界中どの工場も同一データを利用し印字することが可能です。

パートナー企業

  • ナイスラベル
  • サトー
  • 東芝テック
  • オプテックス

関連コンテンツ