2次元コード印字

お客様より

製品に桁数の多い管理コード(製造の年月時分、ロット番号、作業班コード)を表示したいが、スペースが狭い為、相談したところ2次元コード(データマトリックス)の提案を受けた。すっきりと印字でき、消費者に容易に読み取られる事が無い事も気に入り採用しました。

データマトリックス・バーコード
データマトリックス・バーコード

アルマークより

リンクスシリーズで印字できる2次元コードは、QRコードのほかデータマトリックス(Data Matrix)が印字可能です。データマトリックスは世界的に広く使用されているコードで特に自動車部品に多く使用されています。このコードは、消費者が簡単に携帯電話で読み取る事ができないため、採用されているメーカー様もございます。変換桁数によりますが、最小スペースで3.5mm角(標準ヘッド)の印字が可能です。

アルマークならではのご提案

7900シリーズでは、通信により上位からの情報を自動バーコード化する事が可能です。

使用マシン

同業界の事例

導入事例集ダウンロード 導入事例集ダウンロード
 

その他の事例

関連コンテンツ