時分印字を暗号化

お客様より

トレーサビリティ目的のため、製造時間・分を印字したいと考えていたが、消費者や納入先には具体的な時間を知られたくない。

時分印字を暗号化
時分印字を暗号化

アルマークより

直接時間と分を印字するのではなく、アルファベットなどの記号に置き換えることを提案しました。

アルマークならではのご提案

リンクスシリーズは時・分を特殊なソフトを導入することなく、別の文字に変換可能です。

使用マシン

同業界の事例

導入事例集ダウンロード 導入事例集ダウンロード
 

その他の事例

関連コンテンツ