省力化のためにロボットによる印字

お客様より

現在手作業で広範囲に書いているマークを自動化し省力化したい

鋼管内面への製品識別、トレーサビリティマーキング
鋼管内面への製品識別、トレーサビリティマーキング

アルマークより

少子高齢化に向かう日本では製造現場において作業者の負担軽減やオートメーション化が求められています。産業用マーキングの現場でロボットによる印字を行うケースがあります。 印字したい製品が大きく搬送が難しい場合や、ロボット搬送などでオートメーション化された製造ラインにおいて、ヘッドを動かし印字します。

アルマークならではのご提案

REAジェットは、産業用プリントヘッドの中では小型のため、ロボットによるヘッド移動印字に適しています。金属への印字が可能なインクをご用意しております。

使用マシン

同業界の事例

導入事例集ダウンロード 導入事例集ダウンロード
 

その他の事例

関連コンテンツ