模造品対策

お客様より

自社ブランド商品の模造品対策のために何か対策をしたいと思い、ご縁のあったアルマークさんに相談しました。 アルマークさんからは見えないインク(UV照射により視認性を持つインビジブルインク)にて製品に隠しコードを印字する提案をいただき、商品に印字することにしました。ロット番号を印字することで、トレーサビリティ対策にもなりました。

自社ブランド
自社ブランド

アルマークより

UVインクは自然光によって蛍光強度が低下することがあります。長期間の印字効果を期待する場合は、黒インクによる2次元コードなど別の手段にて印字する場合もあります。

アルマークならではのご提案

リンクスシリーズでは波長の違う2種のUVインビジブルインク(UVランプ照射時に視認性を持つインク)をご用意。色目も違うためカメラなどの読取り仕様によって選択頂けます。

使用マシン

同業界の事例

導入事例集ダウンロード 導入事例集ダウンロード
 

その他の事例

関連コンテンツ