耐アルコール洗浄

お客様より

アルコール消毒後の手袋で製品を箱詰する時に、一般的なインクで製品に印字した箇所に触れると、印字が消えてしまい、配慮が必要でした。

アルコール洗浄に耐える印字
アルコール洗浄に耐える印字

アルマークより

工場でのアルコール消毒や消費者のアルコール消毒により印字が消える事が懸念されています。 速乾性インクで包装フィルム等の非浸透面への印字にも対応しつつ、高いアルコール溶剤耐性をもつインクで印字を残します。2020年6月に義務化されたHACCP「Hazard Analysis Critical Control Point」において推奨される衛生的な手洗い等でアルコールが使用されます。

アルマークならではのご提案

リンクス1075耐アルコールインクは、エタノールやイソプロピルアルコール(IPA)のようなアルコール溶剤への高い耐性をもつと共に、熱耐性も良好です。印字後の製品の熱処理(蒸気や熱湯殺菌工程 等)後も良好な視認性を維持します。アルコール耐性を必要とされる印字用途に最適なこのインクはLINX(リンクス)シリーズでご利用できます。

使用マシン

同業界の事例

導入事例集ダウンロード 導入事例集ダウンロード
 

その他の事例

関連コンテンツ